足関節、足

Ankle and Leg

陳旧性足関節靭帯損傷

たかが「足の捻挫」で未治療だったり、治療したが不十分だった事が原因になる事が多い。歩行時痛から歩行困難まで生じる。腫れが無くても可能性はある。

扁平足

先天性や後天性があり、ある程度歩いたり走ったりして痛みや違和感が生じる。時に腫脹を来す事あり。

有痛性外脛骨

内くるぶしの前側に痛みや腫脹を来たす。足舟状骨の形態異常で後脛骨筋腱付着部に炎症を生じる。

腓骨筋腱脱臼

外くるぶしに痛みと腫脹あり、時に引っかかりを生じる。腓骨筋腱の外果屈曲部やその上方で腱が脱臼します。時に形態異常(第四腓骨筋腱)の事もある。

強剛母趾

母趾の付け根が腫れて痛み生じる。外反母趾や痛風と間違われる事多い。第1MP関節の変性により生じる。時に巨大な骨棘を伴い関節が動かなくなる事もある。

外反母趾

母趾の付け根が腫れて痛み、更に外側へ曲がる。原因は色々あるが女性に多く靴がらみの事も多い。若年者ではIP関節(爪の付け根)で曲がる事もある。

ハンマー趾

足の人指し指〜小指(第2〜5趾)の屈曲変形の1つで、つま先が下を向いてタコ作ったり指の上側が靴で擦れる。外反母趾やリウマチの人に多いが、外傷後の腱癒着や短縮でも生じる。

巻き爪&陥入爪

爪が湾曲変形し肉に食い込んで痛む、時に感染を併発する。多くは母趾に荷重しないと湾曲が生じる疾患が始まるが、時に爪下外骨種の事もあるので再発するならレントゲン検査必要。

外 傷

Trauma
自己判断の放置が危険かも?
切り傷、刺し傷

真皮以下に達しているなら縫合するほうが良い事もある。特に咬み傷は初期治療謝ると感染拡大の危険あり。

捻挫

捻った位と思っても、靭帯損傷や剥離骨折の可能性あり。「たかが捻挫されど捻挫」は院長の師匠のお言葉。

骨折

初期にそれ程腫脹を来さない事もある。痛みも個人差があるので「動くで大丈夫」と思わない事。

脱臼

初期治療が大事。自己にて戻せても剥離骨折の可能性あり要検査。

あなたのお困りの症状は?

What are your symptoms?

予防治療について

About preventive treatment

0561-87-0247

〒489-0884 愛知県瀬戸市西茨町48

【受付時間】午前11:30まで、
午後19:00までです。
【休診日】木・土曜日午後、日曜日、祝日